有限会社Willさんいん ホーム

サイトマップ

お問い合わせ

0852-28-6220(平日 9時30分から17時30分)

このページの位置: Home > フロントエンドエンジニアのblog > Google アナリティクスをプレビューとテストサーバで除外する

フロントエンドエンジニアのblog

RSS

Google アナリティクスをプレビューとテストサーバで除外する

この記事は2015年1月14日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

WordPress サイトで Google アナリティクスを導入する場合(トラッキングコードをテーマファイルの header.php などに貼り付ける場合)、そのままでは投稿のプレビュー画面もカウントされてしまいます。また、テストサーバでテーマの編集やプラグインのアップデートを行っている場合も同様にカウントされます。

Google アナリティクス側でフィルタを設定して回避することもできますが、クライアントからトラッキングコードを渡された場合など、Google アナリティクスへのログイン権限がない場合、テーマファイルの中で回避することになります。

プレビュー画面を除外する場合については多くのブログ等で紹介されていますが、WordPressの条件分岐タグ is_user_logged_in() を使います。このタグでログインしているかチェックし、ログインしていない場合にトラッキングコードを適用します。

テストサーバを除外する場合はホーム URL の値を使います。例えばテストサーバの URL に "local" が含まれているのであれば、home_url() にこれが含まれているかをチェックし、含まれていない場合にトラッキングコードを適用します。なお、home_url() の代わりに、php の $_SERVER['REQUEST_URI'] を使ってもよいでしょう。

<?php if ( !is_user_logged_in() && strpos(home_url(), 'local') === false ): ?>
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-XXXXXXXX-X', 'auto');
ga('send', 'pageview');

</script>
<?php endif; ?>

!is_user_logged_in() && strpos(home_url(), 'local') === false で、ログインしていない、且つ URL に "local" が含まれない場合にトラッキングコードを読み込んでいます。

なお、Google Analytics Dashboard for WP などのプラグインを使用する場合は、プラグインの設定でログイン中を除外することができます。また、テスト環境ではプラグインをインストールしないか無効にすることで回避します。

この記事へのフィードバック

Facebook のコメントです。

コメントを残す

この記事のトラックバックURL:
https://www.will3in.co.jp/blog/article/exclude-analytics-preview-and-test/trackback/

このページの先頭へ