有限会社Willさんいん ホーム

サイトマップ

お問い合わせ

0852-28-6220(平日 9時30分から17時30分)

このページの位置: Home > フロントエンドエンジニアのblog > 3ページ目

フロントエンドエンジニアのblog

RSS

linear-gradient() で斜線を表現する際のアンチエイリアス

この記事は2016年10月7日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

CSS で背景にグラデーションを表現する際に利用する linear-gradient() ですが、次のように値を指定することで斜線を表現することができます。

※以下の具体例の表示は、実際に CSS を使って表示しています。ブラウザによって見た目が異なるほか、Internet Explore 9 など linear-gradient() に対応していないブラウザでは斜線が表示されません。

.selector {
  background: linear-gradient(45deg, #fff, #fff 49%, #f00 49%, #f00 51%, #fff 51%, #fff);
}

45度の方向(左下から右上となります)で、領域の0から49%までを白、49%から51%までを赤、51%から100%までをまた白で塗り潰すという感じですね。

しかし、45度に傾いた斜線の場合は比較的きれいに表示されるのですが、中途半端な角度ではギザギザが目立ちます。まるでアンチエイリアスが効かない古いブラウザで見ている感覚です。

“linear-gradient() で斜線を表現する際のアンチエイリアス” の続きを読む »

世界標準時(UTC)で表示された日時を jQuery で書き替える

この記事は2016年10月6日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

WordPress では、一般設定でタイムゾーンを設定することによって、投稿日時などがその地域の日時で表示されます。日本時間の場合は "東京" または "UTC+9" を設定します。

先日、ユーザー管理のために使用したプラグインで、登録日時は日本時間で表示されるのに、更新日時とログイン日時が9時間プラスされて表示されるという現象が発生しました。世界標準時(UTC)は日本時間より9時間遅れ。今回は9時間プラスなので、世界標準時で表示されているわけでもありません。

原因がわからないので、仕方なく jQuery で日時を修正することにしたのですが、実装後あらためて確認すると、一般設定で "東京" を設定しているうえに、functions.php に

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

を記述していたことが原因のようでした。通常はこのように設定していても問題ないと思うのですが、プラグインのバグでしょうか、functions.php の記述を削除したら正しく表示されました。

でも折角ですし、また何か役立つ場合があるかもしれませんので、今回は表示された日時を9時間戻しましたが、世界標準時(UTC)で表示された日時を日本時間に書き替える(9時間進める)方法を記しておきます。

“世界標準時(UTC)で表示された日時を jQuery で書き替える” の続きを読む »

閲覧支援機能とアクセシビリティ

この記事は2016年8月3日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

近年、主に自治体等のサイトで、文字サイズを拡大したり背景色を変更したりできる機能(以下、“閲覧支援機能”とします)を提供しているサイトをよく見かけます。よくWebページの上部にある、「文字サイズ:[小][中][大]」とか「背景色:[白][黒][青]」などとあるボタンです。読み上げ機能や漢字にルビを振る機能が提供されている場合もありますね。自治体サイト向けの CMS に標準で閲覧支援機能が付属しているものが多いからということもあるのでしょう。

ただ、このような機能を提供することは悪いことではないと思いますが、閲覧支援機能を提供することがアクセシビリティだと、勘違いされているケースがかなり多くあるように感じます。

中には、Webサイトのアクセシビリティについて記載されているページに、閲覧支援機能を提供していることだけが、あたかもアクセシビリティに配慮していることをアピールしているかのように書かれているサイトも見受けられます。そのため、一般ユーザーまでもが、閲覧支援機能が提供されてないWebサイトは文字サイズを拡大したり背景色を変更したりすることができない、アクセシブルではないと判断してしまう懸念もあります。

“閲覧支援機能とアクセシビリティ” の続きを読む »

ビジュアルエディタと公開画面で CSS を共有する

この記事は2016年7月22日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

WordPress の投稿画面のスタイルを実際のサイトの見た目に近づけるために、ビジュアルエディタ用の CSS を作成して管理画面に読み込ませることができますね。editor-style.css などとして CSS ファイルを用意し、functions.php の中で

add_editor_style("editor-style.css");

を記述することで、ビジュアルエディタにeditor-style.css が適用されます。

しかし、これでは記事部分の CSS を変更する際に、公開画面用の CSS とビジュアルエディタ用の CSS の両方を編集する必要があります。

そこで editor-style.css を公開画面と共有すると便利です。header.php の中で style.css と共に読み込ませるか、style.css の先頭で editor-style.css をインポートすればよいわけですが、記事部分を囲む要素の class 属性の値を工夫する必要があります。

“ビジュアルエディタと公開画面で CSS を共有する” の続きを読む »

オンラインドローツールを Cacoo から draw.io に乗り換え

この記事は2016年7月8日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

これまで、サイトを構築する前のサイトマップ(構成図)や画面のワイヤーフレームを作成する際、Cacoo というオンラインドローツールを使っていました。

Illustrator や PowerPoint などの Office アプリでも作れるのですが、専用ツールを使うことで効率よく作成することができます。幾つかのサイト制作や提案のためのサイトマップやワイヤーフレームのほか、昨年、オフィスの配置を変更する際のレイアウト図も Cacoo を使って作りました。

ちなみに、Cacoo の編集画面は Flash が使われていますが、HTML5 に全面移行することが6月22日に発表されています。
Good-Bye Flash ~ CacooはHTML5で生まれ変わります - ヌーラボ [Nulab Inc.]

ただ、Cacoo は無料で作成できるシートは25枚まで。さらに PDF や SVG に書き出そうとすると月額490円の有料プランに加入しなければなりません。そのため、普段は無料プランで利用し、PDF に書き出す必要がある時にだけ、一時的に1ヶ月間だけ有料プランを契約していました。

“オンラインドローツールを Cacoo から draw.io に乗り換え” の続きを読む »

1 2 3 4 5 10

このページの先頭へ