有限会社Willさんいん ホーム

サイトマップ

お問い合わせ

0852-28-6220(平日 9時30分から17時30分)

このページの位置: Home > 教育事業 > 各種研修 > Webアクセシビリティ研修

Webアクセシビリティ研修

近年、シニア層の増加やスマートフォンやタブレット端末の普及などによってWebアクセシビリティの必要性が広まり、特に自治体など公共性の高いWebサイトではWebアクセシビリティ対応は必須条件となってきています。

また、CMSの普及によって誰もが簡単にWebページを更新できる仕組みが提供され、Webサイトの運用段階において、Webアクセシビリティを維持継続することが必要とされています。

そのため、組織のWebサイト制作者やWeb制作会社のみならず、各自治体や団体、企業などのWebサイト管理者や更新担当者それぞれのWebアクセシビリティに対する意識の向上や知識の共有が欠かせません。

Webアクセシビリティの必要性から具体的な対応方法について、わかりやすく解説します。

Webアクセシビリティ研修の一例

制作者向け

  • Webアクセシビリティとは?
  • 「JIS X 8341-3:2010」の概要
  • 文書構造のマークアップ
  • 画像の代替テキスト
  • 文字色と背景色のコントラスト
  • テキストの拡大への対応
  • ハイコントラスト(白黒反転)環境への対応
  • アクセシブルなテーブルの作成
  • アクセシブルなフォームの作成
  • 各種検証ツールの活用

更新担当者向け

  • Webアクセシビリティとは?
  • 様々なWeb利用環境
  • 既存サイトのアクセシビリティ検証
  • 「JIS X 8341-3:2010」の概要
  • テキスト入力における配慮
  • 色の使用について
  • 画像の代替テキストについて
  • 表の作成について
  • PDF等の文書ファイルについて
  • 各種シミュレーション方法

※研修の内容や進め方等、ご希望に合わせて企画いたします。

アクセシブルなPDFに変換するためのWord文書作成研修

WebアクセシビリティはHTMLで提供されるWebページだけでなく、ブラウザで表示されるコンテンツ全てが対象です。PDFも例外ではありません。

PDFファイルの元となるWord文書をアクセシビリティに配慮しながら作成することで、アクセシブルなPDFに変換することが可能になります。

研修内容

  • 見出しの追加
  • 見出しと段落のスタイルの設定
  • 箇条書きと段落番号の設定
  • 図やオブジェクトへの代替テキストの追加
  • インデントと行間隔の活用
  • 文字の均等割り付けの活用
  • 表の構造と列見出しの指定
  • アクセシビリティチェック

※一般的な文書作成や図の挿入など、Wordの基本操作ができることが前提となります。

※アクセシブルなExcelブック作成、PowerPointプレゼンテーション作成研修も可能です。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ
0852-28-6220(平日 9時30分から17時30分)
Faxでのお問い合わせ
0852-28-6223(24時間受付)

このページの先頭へ