こんにちは。スタッフの松浦です。

川本通いから川本暮らしになり早1ヵ月。
この町で暮らして感じることは、
やはり一級河川江の川の存在感です。

町の中心をゆったりと流れる江の川を見ると、
その悠大さに心を奪われます。
これまでの長い歴史の中で、この土地に住む人、
この土地を通過する人が見た変わらぬ景色だと思うと
形容しがたい気持ちになり、見飽きることがありません。

水面きらめく江の川写真

そんな川本町は人口約3,000人の小さな町ですが、
若い人たちの横のつながりが豊かに広がるあたたかな町です。

先日、ご縁があり手作り味噌を作る会の仲間にしていただきました。
2月には早速味噌作りに参加し、
原材料にこだわった味噌を持ち帰りました。
原材料の大豆、塩、米麹はすべて近隣産のもので揃え、
大豆を煮るときの水にも気をつけました。
味噌は現在熟成中で、夏頃完成予定。
仕上がりが楽しみです。

私は食べることが大好きです。
同じ食べるなら身体にいいものを食べたいし、
家族にもいいものを食べさせたいです。
また、それらの食べものが、
ストーリーがあるものだったらさらにうれしいです。

今回作った味噌には「みんなでワイワイ作った」
というストーリーが加わりました。
さらに来年には
「みんなでワイワイ作った大豆でガヤガヤ作った味噌」
にグレードアップする予定です。
川本町産の大豆で味噌を作りたい!
という気持ちを応援してくださる地域の方が、
畑を貸してくれることになったのです。

4月半ば、まずは畑の下準備のために草刈りをしました。
5月には大豆苗の定植をします。
農業ビギナーズ集団(内プロ1名)。
そして、川本町にはサルもイノシシもたくさん出ます。
大豆作りがどんな結末を迎えるかわかりませんが、
すべてはおいしいお味噌汁をいただくためのストーリー!
味噌作りの仲間にしてもらえてうれしいなぁと感じています。

青々と深みを増す江の川に寄りそう暮らし。
Willさんいんのお仕事を通じて出会う方々、
家族の関係でお世話になる方々、ご近所の方、味噌仲間、
たくさんの方々との「かわもとDays」を大切にしていきます。