このページの本文へ

フロントエンドエンジニアのblog

有限会社Willさんいん

このページの位置: home 2020年 6月

2020年6月の記事

TransmitMail で Reply-To ヘッダを設定する

主に静的サイトにメールフォームを設置する際、TransmitMail をよく利用させていただいています。TransmitMail は Copyright 表示不要の PHP 製汎用メールフォームシステムで、ファイルの添付や CSV 出力など、柔軟で豊富な機能が特徴です。

一方 WordPress 案件では、用途に応じてプラグインの WP MW Form や ContactForm 7 を利用していますが、場合によってはこの TransmitMail をテーマに組み込んで利用することもあります。

ただ、TransmitMail はメールヘッダに Reply-To(返信先アドレス)を設定することができません。ググってもその方法が見つかりませんでしたので、私なりにカスタマイズしてみました。

“TransmitMail で Reply-To ヘッダを設定する” の続きを読む »

ACF のデイトピッカーで取得した日付が1日ずれる

WordPress のバージョンを 5.2 から 5.4 にアップグレードしました。昨年11月に 5.3 がリリースされていましたがアップグレードを保留していたので、1世代超えてのメジャーバージョンアップとなりました。

するとあるサイトで、Advanced Custom Fields (ACF) プラグインのデイトピッカーで設定した日付が、1日前の日付で表示されるというトラブルが発生しました。時刻を設定してないので確認できませんが、正確には UTC との時差である9時間前なのかもしれません。

調べてみると、WordPress 5.3 で日付と時刻の処理が大きく変更(改善)されたようで、“PHPのタイムゾーンを date_default_timezone_set() で変更しないでください”ということのようです。

当該サイトは date_default_timezone_set('Asia/Tokyo'); として、date() で現在の日時を取得していたため、今回のバージョンアップで誤作動を起こしたようです。

そもそも、当初から date_default_timezone_set() を使わず、date() ではなく WordPress 独自の date_i18n() を使えばよかったんですね。

さらに、date_i18n() についても WordPress 5.3 からこの代わりとなる wp_date() という関数が新たに追加されたようです。

page top