このページの本文へ

フロントエンドエンジニアのblog

有限会社Willさんいん

このページの位置: home タグ: プラグイン

“プラグイン” タグの記事

GADWP の代替プラグイン GAinWP を裏技的に日本語化する

WordPress で Google Analytics のトラッキングコードを挿入し、ダッシュボードにそのレポートを表示できるプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)」ですが、2020年2月12日にバージョン 6.0.0 になり、名称も「Google Analytics Dashboard for WP by ExactMetrics (旧 GADWP)」となって、全く別物となってしまいました。

使い勝手が悪いだけでなく、今まで見ることができていた「固定ページ」や「リファラー」などのレポートや集計期間の変更が、有料版でないと見れなくなってしまい、使い物なりません。

しばらく元のバージョンに戻して旧 GADWP のまま使用していましたが、これを再現するプラグイン「GAinWP Google Analytics Integration for WordPress」が公開されていました。

プラグインの説明にも“It was created from the excellent Google Analytics Dashboard for WordPress (GADWP) plugin”(GADWP から作成された)とあるように、設定画面の構成が GADWP と若干異なりますが、機能やダッシュボードのレポート表示は GADWP そのものです。

ただ、日本語化されていないのですが、GADWP が元ってことはこの日本語ファイルが使えるのでは?と思い、試してみたらビンゴでした。

GADWP を削除しても言語ファイルは残っていたので、そのファイル名を GAinWP 用に変更するだけです。

wp-content/languages/plugins/ の中にある、google-analytics-dashboard-for-wp-ja.mogoogle-analytics-dashboard-for-wp-ja.po という2つのファイルをそれぞれ、ga-in-ja.moga-in-ja.po にリネームして完了です。

設定画面の英語の文章が GADWP と一致しない部分は日本語に変換されませんが、少なくともダッシュボードのレポート表示は日本語化されます。

Instagram Feed の無料版で写真のキャプションを表示

この記事は2019年6月15日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

Instagram のフィードをWebサイトに埋め込みむ場合、手軽に埋め込むことができるサービスとして InstaWidget がありますが、無料サービスゆえにサムネイルのリンク先が InstaWidget のサイトで開き、尚且つ広告が表示されるのが難点です。Google Analytics による広告なので、特に企業サイトなどでは競合他社の広告が表示されることも…。

そこで他にいいサービスが無いかと探してみたところ、WordPress のサイトであれば Instagram Feed という有名なプラグインがあったのですね。灯台下暗しでした。

この Instagram Feed、無料版と Instagram Feed Pro という有料版があり、有料版ではハッシュタグが使えたり、フィードの見た目もいろいろカスタマイズできますが、無料版は機能が限られています。それでも、複数のアカウントを統合して時系列順に表示できますし、何よりサムネイルのリンク先が Instagram のサイトで開き、広告表示が無いのが助かります。

この無料版で、サムネイルにマウスオーバーした際に写真のキャプションを表示することができないかと思い、探ってみました。

“Instagram Feed の無料版で写真のキャプションを表示” の続きを読む »

WP Post Branches プラグインによるブランチの作成者をログインしているユーザーに置き替える

この記事は2016年3月12日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

以前、「Peter’s Collaboration E-mails」と「User Role Editor」、そして「WP Post Branches」プラグインを使って、公開中のページを更新する際の承認フローを実装した記事を書きました。
→ 公開中のページを公開したまま編集して承認待ちにする

これでうまく実装できたかに思えたのですが、ひとつ問題がありました。どんなに検証を重ねていても、いざ運用してみると見えなかった問題が明らかになるということは多々あります。

今回の案件、元々それぞれのコンテンツに対して担当者は1人という設定だったのですが、運用開始時点でいくつかのコンテンツに対しては複数の担当者が携わることになり、そこで問題が見つかりました。それは次のようなパターンです。

“WP Post Branches プラグインによるブランチの作成者をログインしているユーザーに置き替える” の続きを読む »

公開中のページを公開したまま編集して承認待ちにする

この記事は2016年1月10日に書かれたものです。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

WordPress で承認フローを作成する場合、「Peter’s Collaboration E-mails」と「User Role Editor」の2つのプラグインを組み合わせる方法が、多くのブログ等で紹介されています。その基本は「Peter’s Collaboration E-mails」で承認者を設定して、寄稿者が投稿した際に承認者にメールで通知されるようにし、「User Role Editor」では、寄稿者にファイルのアップロード権限を付けたり、独自のロールを作成したりするというものです。

今回、承認フローが必要な案件があり、上記のプラグインを導入して実装しました。さらに「Peter’s Post Notes」プラグインも導入して承認依頼や差し戻しの際のメールにコメントを追加できるようにしました。

しかし、これだけでは実現できないことがありました。それは、公開中のページを差し替える場合の承認フローです。ページを公開したままの状態で、寄稿者が内容を修正して承認待ちとし、承認者が確認してページを差し替えるという流れが必要ですが、WordPress には差し替え用のページを作る機能はありませんので、公開中のページは修正した流れで即更新することになります。また、そもそも寄稿者は公開中のページを編集することができません。「User Role Editor」で寄稿者に公開中のページを編集する権限を付けることは可能ですが、そうすると、そのまま更新するこも可能になってしまいます。

そこで、「Revisionary」と「WP Post Branches」という2種類のプラグインを試してみました。機能としては「Revisionary」がマッチしていますが、機能が特化している故に様々な問題があり、最終的に「WP Post Branches」を使い、不足する機能を他のプラグインや設定で補うことで、目的のフローを実装することができました。

“公開中のページを公開したまま編集して承認待ちにする” の続きを読む »

page top